2006年11月26日

ここんところのこのシーン

ちょこシス
yuripyon1
どーよこれw
もう最近はゆりぴょん見たさに見てる気がする。もともと登場人物が少ないし、 ともすればダラダラになりやすい展開をピシッと締めてくれるというか何というか・・・ たとえば
yuripyon2
どーよこれw
元々がド世間知らずなちょこがこれやっても「あぁそう」で済んでしまうわけだけれど、ゆりぴょんがやっちゃうと妙に素直さが際立つんだよね。
あと4話くらいで終わりのはずだけど、どう〆てくれるのか、興味津々です。

パンプキンシザース
pamp
やっぱりタレ目ですよタレ目!
コレも2クールだっけ。原作がまだ核心に全然迫ってないのに、どういう風に持って行くのかなぁ。ていうか、 キャラが全然崩れてるのにまー君の歯並びが変にリアルだったり、何やってるのかw

あさっての方向。
karada1
今週は泣けた。この素直さに。思わず抱きしめてしまったお兄ちゃんの気持ちもわかろうというものよ。 このあたりで過去の大まかな状況が大体判明したわけだけれど、一転して現在に戻って
karada2
どうよこの表情。なんか心臓がきゅーーーーーっと。いたたたた・・・ もうダメ。DVD買うフラグ直立寸前。

ちなみに舞台はどうも秩父方面っぽいね。からだが辿り着いたのはやはり大泉学園てことでFAのようだ。 東京近郊で自然があって盆地地形で西武に繋がってて。
あと原作とは全く違う展開らしい。原作はかなり鬱展開の模様。2ちゃんの批評を見ていると、読まない方がいいみたい。

妖奇士(あやかしあやし)
wakamoto
いいなぁ若本w かっこよすぎ。

なんかここ数話でやたらとおもしろくなってきたんだけど、視聴率は低迷しているらしい。 スタート以来のダラ展開で切った人が多いのかな。主人公が主人公として自覚するのに3話くらいかかってたり、 1話で済む話を2〜3話でやったりしてるからねぇ。2ちゃん情報では4クールらしいけど、ここに来て短縮の噂も。 是非のびてほしいな>視聴率

ちなみに”江戸の町に現れる正体不明の「あやかし」を退治する”というごく普通の話なんだけど、 敵を理解するためのヒントに象形文字としての漢字をネタにしていたり、設定とかはなかなかおもしろい。一番笑ったのが 「あやかしの肉はうまい!」という設定で、 主人公たちは敵を倒したあとにその肉を持って帰って食うのが一番の楽しみらしいw これはさすがに驚いたね。誰だよ考えたの。

とりあえず載せたかったのが、萌えキャラになり損ねたらしいこの人。
ayakashi 
アステカからケツァルコアトルに乗って江戸に来たアトル。女郎屋に預かられることになっての晴れ姿。これはよかったなぁ・・・ 009− 1もそうなんだけど、と゜うやら俺は「薄く引いた紅」に萌えてしまうようだ。新たなアビリティ獲得の予感。

posted by と at 13:42| Comment(0) | アニメ特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

若本規夫

今期は出演多いなぁ。今週だけでも
 ・少年陰陽師の敵ボス(窮奇)
 ・009-1の敵ボス(所長)
 ・コードギアスの敵ボス(皇帝)
と3キャラ。しかも全部ノリノリってどういうことよw 特に009-1の所長なんてすばらしいの一言に尽きる。 やっぱり宇宙ステーションのカマっぽい隊長とかでストレス溜まってたのかなぁw
 

posted by と at 04:49| Comment(0) | アニメ特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャラとか。

おとボク。不思議なことになぜか継続中。
やはり「男であることがやたらとバレそうになる」というありがちな展開に持って行かないところが鬱陶しくないからかなぁ。

ichiko
一子ちゃん。後藤邑子だと気づいたのは今週あたり(^^;) 早口がうまいのはさすが。 みくるちゃんの声とか、「恋のミクル伝説」の音のハズしかたとか、技のレベルが他の声優の比じゃないね。

yukari 
由佳里ちゃん。松本彩乃らしさがないキャラだなぁ。 もすこしフィーチャーしてほしいんだけど。エンディングとかは松本彩乃に歌わせるのにぴったりだと思うんだけどどうだろう。
しかしOPはいい曲だなぁ。最近はコンビニとかの有線でもかかってたりして。と理由付けしながらシングル買ってみた。


ゴーストハント。名塚分補給中。毎回の出だしの語り口がいいんだよね。
まぁそれはいいとして。

hara
原さん。これが釘宮理恵だと誰が信じられようか(笑) ツンデレ声を聞き慣れていたので、 こういう声も出せるのかとちょっと驚いた。
出番が少ないのが残念。ていうか無表情キャラだからな・・・


あさっての方向。最終的にイチオシはこれになってしまった。
今期は本数の割に意外と秀作は少なかった模様。まじぼか,ハルヒ,シムーン,練馬と傑作揃いだった4月期と比べると、 全体的に質が下がっていってるような気がするね。

nogami
で野上さん。これまた今週気づいたんだけど、伊藤静だった模様・ ・・(^^;)
実はこの人はよく知らなくて、パンプキンシザースのマルヴィン少尉の声を聞いて「声質合ってねぇし。つーかへたくそ」とか思ってたんだけど、 こういう落ち着いたキャラはいい雰囲気出しますね。


ブラックラグーン。
エダ。今週は過去に触れるカットがあったけど、CIAの人だったんだね。でグラスとったらフラッシュの入ったブルーアイが! これは美しい・ ・・と思わずパン部分を合成w

amasan 
登場当初はこれまた「ヘッタクソだなぁ・・・変に鼻にかかった声だし」とか思っていたんだけど、 2期になってからなんだかいい感じに思えてきた。
唐沢潤て人は洋画畑の人なんだね。 演劇集団円てことで、ネヴィリル様の同僚って言うのかこういうの。アーエルの新野美知もそうだったけど、 舞台系の語りというのはアニメとは異質で最初はしっくりしないものなんだねぇ・・・ あとどう合わせるかは声優さんの力量次第ってことで。


今回は声優名のリンク先にwikipediaを当ててみました。なかなか勉強になりますな。

posted by と at 03:34| Comment(0) | アニメ特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。