2007年02月18日

そろそろ今期の折り返し点

てことで、VVVは切りました。なんかメリハリがなくて見てて疲れる・・・ のだめも切りました。 原作読んでないからわからんけどなんかダラっとしすぎで、こっちは逆に今一つの緊張感が欲しい。

そんな中で堅実さが光る「パンプキンシザース」
ps1
息抜き回かな(笑) 植田佳奈の演技が冴える、よいできでした。まーくんの演技も光ってたけど。ちなみにTVKは今週はお休み。 来週2話まとめてやるらしいです。

さて、いつ社長が介入してくるのか戦々恐々の「まなびストレート」(笑)
ms2
そのファンの思いとは裏腹に、相変わらず高品質です。スタッフがんばれ、超がんばれ。DVD全巻予約しましたとも。しかしこの景色、 どこかで見たんだけどなぁ・・・
ms3
そして今週はむっちー株急上昇。見たとき「男前だなぁ」と思ったんだけど、あちこちの掲示板でも「男前」 という表現で溢れててちょっと笑った♪

あとは「ひだまりスケッチ」
こっちは賛否両論だけど、声優の声と演技がきちんと嵌ってて、バランスがよいですね。
hs2
今週のは「あ、りる・・・?」と思ったのは俺だけではないはず。基本は手づかみ丸かじりじゃなかったのかと。DVD買うか迷っております。 特典次第かなぁ。「芽生えドライブ」のシングルは買い決定。

az1
さて赤ずきんはいよいよ佳境の模様。やっと俺のグレーテルが・・・!(笑) やはり四つ葉騎士団の「四枚目の葉っぱ」はグレーテルだったか・ ・・

ここんとこの回で「始まったな」と評判の上がってきた「セイントオクトーバー」、今週は凄かったですなぁ。
so1
2クールなのに、売りの変身シーンが6話にしてすでに早回し(笑) 5秒くらいで3人が変身、やっつけるのに30秒くらい?  カフカ7号の愚痴りもなかなかよかったし。もう敵はすべてカフカでいいんじゃないのかとか。

あ、今週はギアスでこんなん見つけた。
furuhashi
わー・・・ まだこの業界にいたのか(笑) ここ数年名前を見てなかったのですっかり転職したのかと思っていたけど、 なんか久々に見て安心した。精進して早く赤根和樹に追いつけ追い越せ!(笑)

posted by と at 00:50| Comment(5) | アニメ特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

リアリティ

春先から、WOWOWにて「鋼鉄神ジーグ」が始まる。最近のリメイクには珍しく、前作の世界を引き継ぎ「その50年後」 という設定でストーリーが展開するらしい。

20070126_20_01[1]

現状流れている情報では「主人公が変身(変形?)し、それにジーグパーツが付加されて鋼鉄神ジーグとなる」こと, 「ジーグパーツはビッグシューターからシュートされる」こと,「パーツには海用や地底用などがある」ことなどが挙がっており、 いわゆるジーグの魅力となる要素はきちんと押さえられているようだ。

子供時分に見ていた俺たちにとって見れば、これこそが「リアリティ」な訳だよね。
要素は押さえつつも全く違う話にしてしまったキャシャーン,ファンタジーになってしまったガイキング, 特撮オタクの自主制作になってしまったライオン丸・・・ 初めて見る人には何となく陳腐、前作を知る人には物足りない、 そんな感じなんじゃないだろうか。前作を知る人,というところに絞って考えると、やはり先に書いた「リアリティ」 が不足していたんじゃないかと思う。

知っている世界と地続きであること。これはかなり大切だと思う。たとえばグレンダイザーに兜甲児が助っ人にやってきたり、 V3の窮地に1号&2号ライダーが助けに来たり、ムーンベースアルファは実はSHADO時代の名残だったり。
そういう展開がいくつか出てくると一気に物語に引き込まれてしまうというか、 今まで一次元的に真後ろから追いかける形でしか見るしかできなかったその新しいストーリーを、 突然二次元的視点から見ることができるようになるのだ。(さらに2ちゃんとかで他人の意見や解釈を見聞きしてしまうと、 これが三次元的なおもしろさに)
単なるリップサービスに終わらず、前作の要素をきちんと活用してくれれば、いい感じになるんじゃないかと今から期待している。 これを機会にWOWOW導入ですよ。

まぁあと個人的に要望を挙げるとしたら、
・立ち姿は少し猫背であること
・腹ビーム(スピンストーム)の色は黒であること
かな(笑)
あとビッグシューターのパイロットの詳細が気になるなぁ。公式サイトも早く立ち上がって欲しいものだ。

posted by と at 11:19| Comment(0) | アニメ特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。