2006年07月07日

7月期その2

今日は風邪引いてお休み。室内モバイルってのはこういうときに便利だな。
 さてさて。

「無敵看板娘」kanban1
 原作は週刊チャンピオンですな。コミックは売れてるらしいのは知ってたけど、 なんとなく手を出す機会がなかったので内容は知らずに見てみたところ。ラーメン屋の看板娘である主人公を巡る、ご町内ドタバタコメディ、 ですか。

個人的にはぱkanban2 っとしなかったなぁ。年食ったせいかもしれないけど、 キャラがとにかく絶叫してばかりいるのは、見てて疲れるんだよね。xxxHOLiCも同じ理由で、 見てはいるけど保存しようとは思わないし、見逃しても気にならないし。なんかこう、も少ししっとり感がほしかったな。
キャラデザがいいだけに、なんだかもったいない。vaも生天目仁美と小清水亜美を奢っているだけに、これまたもったいない。
3話までは見てみるけど、切る可能性大です。

ところで、今ネトラジ聞きながら書いてるんだけど、 ネトラジはおもしろいね。小清水亜美は地声がかわいいなぁ・・・ (*^-^*) LAPのツインテールとかパラ様とかのイメージがあるのでちょっと意外だった・・・

「内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎」
zaizen1 うひー、くどい!  キャラデザがくどいィ〜w もうOP見ただけで笑いこけてしまった。それに脚本とか演出とか台詞とか・・・マヌケすぎる。 なんだよこれは・・・

とひとしきり笑ったあと冷静になって考えてみると、これは原作がアニメに合わないんだと気づいた。最近は権力犯罪? なんてものがあまりに身近になりすぎて、アニメ化しても陳腐になってしまうだけなんだろうな。 とりあえずアクションが続くうちはそれなりによかったけど、ターゲットの役人が能書きタレ始めたところで一気に醒めてしまった。
そんなわけでコレは1話だけで終了、と。

ちなみに原作は週刊コミックバンチ。創刊当時は結構読んでいたけど、最近はもう雑誌自体がダメっぽい。コンシェルジュくらいかな、 おもしろいのは。

bin9 
それはさておき「貧乏姉妹物語」、絵だけ見るぶんには悪くないのにね。今週も見てみたけれど、脚本と声がすべての元凶だな。
とにかく台詞で説明することしかできない脚本家は死ね! と。そもそもOPで延々と主人公のおかれた環境を説明するあたりで不快感が。 しかも主人公に語らせちゃったりしてな。今回は大家さんの心境を きょう が「一瞬で悟って」しかもそれを「口に出して説明してしまう」 あたりでもう完全に萎えきってしまった。あとやっぱり あす の声がダメ。あの「いかにも作りました」というガキ声がもう耐えきれない。
これはもう切るしかないな。

あ、原作はお薦め。特にALEX氏あたり、ぜひ読んでいただきたい。
 

posted by と at 12:48| Comment(0) | アニメ特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。