2005年05月12日

へぇぇぇぇ・・・

朝日新聞より。
[元記事] 心臓なぜ左? 体の左右の決定、かぎ握る物体特定

> グループは妊娠前期のマウス胎児(7.5日)を使い、
> ソニック・ヘッジホッグというたんぱく質とビタミンの
> 仲間であるレチノイン酸を、膜で包んだ袋状の物質が、
> くぼみ表面の細胞から分泌されることを見つけた。

こんなところからネーミングしていたとは・・・>セガ
ちなみに他のサイトを見てみると・・・

> 遺伝子「shh」=ソニックヘッジホッグ(Sonic hedgehog)
> 「ソニックヘッジホッグは分泌性のタンパク質で、神経ができる
> ときや手足が作られるときにもはたらいています。毛包形成にお
> ける役割はまだはっきりしませんが、ほかの組織での機能から考
> えると、細胞がほかの種類の細胞に変わるきっかけを作っている
> ようです。ソニックヘッジホッグはまた、種々の増殖因子やその
> 受容体(リセプター)を活性化します。その結果、毛芽が成長し
> はじめるとともに真皮集塊の形成が促進されます。」
> 「毛髪を科学する」 松崎貴著より

つまりあのロン毛がネーミングの元になっていると。(違)
へぇぇぇぇ・・・

も一個。
[元記事] ニューデリーの路上牛、3万頭撤去の裁判命令

> 路上牛の背後には、無免許酪農業者がいる。
> 夜間、郊外の搾乳場所に牛を集め、搾り終わると街に「放牧」する。
> 牛は路上の生ごみなどを食べて日中を過ごす。
> 老いて乳が出なくなった牛はそのまま路上に捨てられる。
> 無免許業者は約2500人にのぼるという。

そんな仕事があるのか!
へぇぇぇぇ・・・

posted by と at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 三面記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。