2005年07月21日

さぬきうどんを食ってきた。

といっても都内の立ち食いだけど。→「さぬきうどん」

udon

麺は都内の店舗向けにどこかで茹でて配送しているようで、本場物のコシを期待してはいけない。が、そこらの立ち食いよりは断然いい。コンビニに置いてある冷凍麺程度のうまさと思えばいいのでは。
ダシは薄口。ばぁちゃんの味付けを思い出した。
方式は半分セルフ。トレイと小皿取って天ぷら取って、麺の窓口でおばちゃんにうどん頼んで、おにぎりかいなりを取って、最後にレジで精算。いなりがあるあたりは、さすがJR四国だなぁ。
揚げ物はなかなか良かった。ちくわ天も120円に見合ったサイズだったし、春菊天も食べ応えあり。他にも茄子とかうまそうなのがあったのだけど、初めて行った店なのでちょっと遠慮した。
ちゃんと「かまたま」もあるようだし(「あつたま」と呼ぶらしい)、しばらくいろいろと試してみたい。

俺が食っていたら二十歳くらいのおねぇちゃんがやってきて、天ぷら3つ取ってぶっかけ頼んでいなり取って、座るやいなや天ぷらにしょうゆかけてかじりつくのを見てしまった。
ここまで入店から1分前後。風の如し。「この人はネイティブだな・・・」と思った。
 

posted by と at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。