2008年01月14日

2008年1月期・その2

「シゴフミ」
おもしろそう。印象的には「あさっての方向。」と重なる部分があったかな。まぁまだまだこれからなので期待して継続しますよ。
sigofumi 
しかしアレだな。21世紀になったというのに、仙台エリがレギュラー2本やる時代が来ようとはw

「PERSONA」
謎の占い師が印象的で「ん? この声は・・・」と思ったら田の中勇キター! 21世紀になったというのに、 田ノ中勇がレギュラー2本やる時代が来ようとはw
persona
これまたよさそうだ。DERKER THAN BLACK系だね。こういうドライな感じなのは良し。
BLUE DROPみてから沢城みゆきの声が非常に気に入ってしまったので、これはもちろん継続だ。一人二役はなかなかの業物だった。
persona2
あと阿澄佳奈いるね。新人だしゆのっちの演技を聞く限りではダメっぽかったけど、こっちではちゃんと役作りしてるし、 実はうまいんじゃないのよ。今後が楽しみ。

「狼と香辛料」
koshin
今期一番と決定(仮) 敵もなく戦いもなくひたすらまったり、ということなので楽しみ。 ドラマをきちんと作らないと作り手として逃げ場がないわけで、敢えてそういう題材を選んだからにはその自信を買ってあげたいじゃないですか。
しかしこういう良さげなのに限って特アだったりするんだよね・・・ 純国産化してくんないかなぁ・・・

「ARIA」
aria
うーん、どっちかというとダメ、かな。まぁもともと雰囲気アニメとか言われていたりしたわけだけど、 人の心の変化を中心にした起承転結がそれなりにあったわけですよ。
しかし今回のは・・・ 今期は3人の昇格がキーになるみたいな話もあるようなので、それのネタ振りっちゃあそうなんだろうけど、 それにしては演出ダメすぎる気が。登場人物が全員出てきて世間話して終わり、話の核心は全部回想シーンなんて・・・
あと大原さやかの発声がちょっとおかしいね。前期は低めの声や裏声のキャラばかりだったわけだけど、もしかして喉おかしくしてたのかなぁ。 などと勘ぐってみたりして。

さて、今期はあとヤッターマンだけだな。
 

posted by と at 14:46| Comment(0) | アニメ特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。